パクチー大原のとは・目標とか根本的な部分

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい。早大バーベルクラブに入りたい」と思い、早稲田大学スポーツ科学部に入学。大学4年時に早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。現在、福岡でパーソナルトレーナーをしている。

オロッス!パクチー大原です。

今回は新年ということで、自分を見直すことも含めてパクチー大原のトリセツを作ってみたので、「こいつ何考えとんねん」という方は読んでみてください。

これまで何をしてきたのかは以下のブログで書いています。

ブラック企業脱サラ後、トレーナーになるまで~第一話~
ブラック企業脱サラ後、トレーナーになるまで~第一話~
ハイおなっす、パクチー大原です。 今回は私が新卒で入社した会社を辞めてトレーナーとして生計を立てていくまでの話を紹介してます。TwitterやインスタのDMで社.....

お金・仕事に対する心配事

お金に対する心配事は、収入源の分散化がまだうまく進んでいないので、10本くらいの収入源を作りたい。収入の分散化が進むとマインド安定するため。収入は別に高くなくてもいいのですが、月1-2で海外旅行とか、自分の知的好奇心を満たすための最低限の収入は確保したい。

仕事に対する心配事は「関わりたくない人間と働くこと、自分の意思決定で仕事が進んでいるのではなく、ただのロボットと同じように働かされること、やりたくないことをやること」

会社員時代やアルバイト時代はこれでメンタルが死にかけたので、逆戻りはしたくない思いから現在ブログの量産といった「苦痛を感じない、やってもいいこと」を頑張っている。

自分が許せないもの

職場、今いる環境の愚痴を言いつつその職場・環境から抜け出せない弱い自分

目標や野望

オリジナリティがあって、自分が没頭できることをしつつ「○○といえば大原」という何かしらの塔を建てることが目標。それの試みとして現在取り組んでいるのが筋トレ村を作ること。

イメージとしては「THE鉄腕ダッシュのダッシュ村」×「和歌山の山奥ニート」×「インドの筋トレ村」。筋トレではエリートだけど、ニートとか、最低限生活できる分だけ稼げればいいやという人を集めて共同生活を送りたいと思っている。

この筋トレ村を行うことで、「そこまで稼がなくても楽しく生活できることを知ってもらえる」「稼ぐにしても自分が楽しい、苦痛に感じないと思えることで稼げることを知ってもらえる」「画一的な幸せの基準への疑問提起」ができる。

「好きなことを好きなだけやりたい!」「漢の価値は年収で決まる!」「家とブランド物といい車が欲しい!」というのは金を稼がないとむずい。ただ、「なるべくストレスを感じずに、好きなことを少ししつつ、自分に合ったやってもいい作業や仕事をする」そんな生活は意外と多くの人ができるはずなのでこの暮らしを実現させるのが野望。

「しょぼいセミリタイア」は頑張れば多くの人ができるはず。それを提案する人間になりたい。

タイムマシンがあれば「年収1000万稼がなきゃダメなんだ!」という年収絶対主義に縛られ疲弊していた自分に、この生き方を提案したい。金は自由を得るため、大切な人を守るために稼いだ方がいいけど、自由とストレス、やりがいを代償にした仕事以外でもいいんじゃない?

▼詳しくはこちらで

パクチー大原のとは・目標とか根本的な部分
パクチー大原のとは・目標とか根本的な部分
オロッス!パクチー大原です。 今回は新年ということで、自分を見直すことも含めてパクチー大原のトリセツを作ってみたので、「こいつ何考えとんねん」という方は読んでみ.....

人生において幸福を感じること 

幸福を感じるのは「心底ストレスに感じること、やりたくないことをやってない時」「知らないものを食べたり、海外旅行にいったりして好奇心を満たせている時」「収入源や自分が楽しめるものを増やせて精神がより安定させられるとき、つまりはより自由になったと感じる時」

自分の改善したいところ

何かを達成すると努力をやめるところ。何かを達成すると安心して、努力をやめてしまい、数年後どん底に落ちることを2-3回くりかえしてきたので、常に勉強をし、新しいチャレンジに取り組むことにした。

楽観主義。保険をかけずに一点突破。ほかの大学の試験を一切を受けず、早稲田大学に入学したことで一点突破で何とかなると思ったが、何とかならないことも結構あったので、最低限の保険、リスクの分散は行うように修正中。

エロ

一時の肉体的快楽を満たすためだけに行うセックスは時間やコストがかかるので、あまり好きではないが、好奇心が満たせて、人に話せるセックスは好き。

今まで韓国、ドイツ、インド、タイのそういったところに行ったが非常に楽しく、人に話せる内容だったので高いお金を払った価値があったと思っている。インドは安かったけど。

趣味・興味のあるもの

美味しい料理屋を探すこと。おいしいものを食べることはもちろんだが、まだ知らないおいしい料理屋を探すことが好き。「自分がまだ知らないうまい料理屋の選択肢がまだあったんだ」「ここよりうまいものがあったのか」「やっぱりここが一番だったのか」と比較しつつ、一番よいものを探したい。

つまりは好奇心を満たしつつ、よりよいものを見つけたい。

行ったことのない国に行くのも同じ理由で趣味。よりよい生活を送るための知識を増やすこと、選択肢を増やすこと、好奇心を満たすことが趣味。

恥ずかしかったこと・罪悪感を感じること・反省談

知識がないことで他社を傷つけたり、同じような失敗を繰り返したのは反省するべきところ。傲慢にならず、どん欲に知識を吸収し、実践していくようにしたい。アダム式スローセックスは皆さんにもおススメしたい。15分で終わっていた男が2時間まで引き伸ばせるようになったのだから。

冗談というか、下ネタはこの辺しにして、チャレンジすれば失敗はするものだが、勉強せずに失敗したことは恥ずかしいことだと、過去の失敗を思い出して思う。