【効果がでなければ報酬不要】数ヶ月以内に月収をいまより10万円以上増やしたいトレーナーのためのコンサルティング

・フリーランスのトレーナーになったのにお客が来なくて生活していけない

・ビラ配りをしても広告を張っても問い合わせが来ない

・カウンセリングをしても契約してもらえない

・収入にばらつきがありすぎて安心して生活を送れない

・価格を下げてみたが顧客が増えない

こういった悩みを抱えているトレーナーが私が実施するコンサルティングで以下のことが実現できることを目指します。コンサルティングを開始してから5万円以上の増収がなければその月はコンサルティング料を支払う必要がありませんのでご安心ください。

・広告やセールストークを通してができるようになる

・自分の力で収入をコントロールできるようになる

・不安定になりがちなトレーナーの収入を安定させられるようになる

・お客になって欲しい人、なってほしくない人を選別できるようになる

・平均の相場より高い価格であっても変わらずに集客ができるようになる

詳しいサービス内容、報酬額については以下の記事を読み進めてみてください。

なりたかったトレーナーになった!はずだった。。

2018年の6月に新卒で入社した会社を脱サラした。アパートを売る不動産の営業をしていて、1年1か月働いたが一件も契約が取れなかった。

「無能!ボケ!殺すぞ!」と毎回悪態を吐いてくる上司のパワハラにうんざりしていたし、好きだった筋トレで飯を食っていきたいと思ったのでやめた。何も成果を出さずに辞めるのは負け犬のように思えたが、次にやる仕事で成果をだせばいいと思い、踏ん切りをつけてやめた。やめてやった。

退職からはすぐにエニタイムフィットネスのアルバイトをはじめ、同時に筋トレ勉強を行い、NSCAの資格を取得した。

「トレーナーの資格を取って、やっとトレーナーになる!これからガンガン働いていくぞ!俺のトレーナー人生は、明るい人生は、ここから始まるんや!自由を手にする!」とトレーナーを始める時は体の奥から力がみなぎる感覚があった。

2018年の8月にエニタイムフィットネスのアルバイト兼フリーランスのトレーナーとして契約し、1週間かけて自分で作り込んだ広告をジムに掲載してお客を待つ。

待つ。

待つ。

待った。待ったけどトレーナーとしてガンガン働くような生活は来なかった。パーソナルトレーニングの申し込みをしてこないのだ!申し込みがあったとしても月に1-2件。しかも継続へとつなげられない。

おかしい!そこら辺のトレーナーよりも俺のほうが知識があって、指導力があるはずなのに!良いものを提供していればお客は自然と集まるんじゃないのかよ!このままだと、生活費が稼げずヤバい。。やっと脱サラして自由になれたと思ったのに、また逆戻りか、、、おれは負け犬のままなのか?」絶望感と共に全身の力が抜けていく感じがした。

つづく。

これは私がトレーナーを初めて間もないころの話なのですが、フリーランスのトレーナーになると直面するのが「集客ができない」「継続へとつなげられない」問題です。

数万円かけてトレーナーの資格をとっても、数十万円かけてトレーナースクールに通っても【集客ができなければトレーナーとして生活をしていくことはできません】専門知識を学んだとしても、それを活かす場を確保しないとすべては無意味になってしまいます。

【集客ができないと無駄になってしまうもの】

・トレーナーの資格

・トレーナーになるために勉強してきたこと

・資格や勉強のために投じてきたお金や時間

・当初は持っていた自分の希望に満ちた気持ち

申し込みが入らない時は「エニタイムフィットネスにはパーソナルトレーニングの需要がない、、パーソナルジムじゃないとダメ」とか「お客は見る目がない!非効率な人間ばかりだ!」と言って自分を正当化していましたが、そうもいっていられなくなりました。

A 借金40マン月給11マン、これ以上借金を増やすわけにもいかずバイトを始める、バイトをする中で見つけた答えは、、

2018年12月。トレーナーを初めて5か月、低空飛行ではあるものの何とかトレーナーとしての収入を258601円まで上げることができていた。「この調子で行けば収入はどんどん上がるはず!2019年からはアルバイトをやめて完全にフリーランスのトレーナーとして生きていくんや!【好きなことで生きていく】を実践するぞ!」

というわけで2019年の1月からはジムスタッフのアルバイトをやめて、トレーナーの収入だけ(フリーランス)で食べていくことにした。

甘かった。2019年1月の収入はパーソナルトレーニングを頻繁に受けて月7-14万円ほどおとしてくれていた20代の中国人のお客さんが中国に帰省したため激減。私の月給は約11万円まで減った。中国人のお客さんはどうやら2-3カ月は中国に帰ったままになるらしい。

1月の収入109287円

明細は記事の最後に載せています。

「このままだとヤバいけど、お客さんが少しずつ増えてくればまた月の収入は16万くらいになるだろう!出だしは最悪だが何とかなる!」そう思ってお客さんが増えることを待つことにした。

2月経過。

3月、経過。

1月から顧客が増える気配がない。なので収入ももちろん増えない。足りない生活費はアコムで借りる。

そんなことを続けていたら遂にアコムでの借金が40万になった。「これ以上お金を借りるにはさらなる審査が必要です」とアコムからメールの通知が来る。もうさすがにダメだ。トレーナーではやっていけない。

「カエルは、いきなり熱湯に入れると驚いて逃げ出すが、常温の水に入れて徐々に水温を上げていくと逃げ出すタイミングを失い、最後には死んでしまう…」 という茹でガエル理論があるが、今の俺は死ぬ直前のカエルだ。いまならなんとか逃げられる、死ぬ前に逃げなければ。

というわけで、フリーランスのトレーナーとして働きながら、indeedで見つけた居酒屋のスタッフと介護のアルバイトを掛け持ちすることにした。2018年までやっていたジムスタッフのアルバイトは枠が空いていないという理由で拒否された。チクショウ。

どれも初めてやるバイトだったこともあり、ひどくきつかった。居酒屋のバイトに関しては過酷な肉体労働のわりに時給900円の低賃金。さらに慣れない仕事のため、高校生を含めたアルバイトの中で自分の要領が一番悪い。「ここでも俺は負け犬なのか、、」

アルバイトを続けていくうちに気分が落ち込んでいき、アルバイト前日に出勤することが嫌すぎて眠れなくなってきた。「俺、大学に行って、会社やめて、なんでこんなことやってんだろう。こんなはずじゃなかったのに、、」

ある日、公園のベンチに座って

ぼーっと今後のことについて考えていた。

大原A「居酒屋まじでバイトやめたい。低時給重労働すぎて割りに合わない。てかパーソナルトレーニングは時給6400円だから時給900円のバイトよりパーソナルトレーニングしたほうが良くね?」

大原B「いやいや、お客が来ないから困ってんでしょ!」

大原A「じゃあお客が来るように勉強したらよくね?」

大原B「勉強はしたでしょ?わざわざライザップに行って無料カウンセリング受けたりさ、広告つくるのにも1万かけて委託したし」

大原A「それはしたけど集客の勉強を【やり切った】って言える?」

大原B「いや、【やり切った】とは言えんな」

大原A「じゃあやろうよ」

大原B「やるか」

というわけで私はAmazonで影響に関する書籍を片っ端から購入し、集客に関する書籍を読み漁ることにした。使えそうなフレーズや話の構成があれば、自分の場合はどう言い換えればいいのかをメモしていき、それをすらすらと言葉にできるようにしていった。

成果は2週間で出始めた

4月のはじめから勉強を始めて2週間が経つと明らかにカレンダーの予定が埋まり始めた。無料カウンセリングをすると、次々と継続してくれる。次々と予定が埋まるのだ。

「キタキタキタキタっ!ちょっと勉強するだけで成果でるやんけ!」継続することが決まるたびに心の中でそう叫んでいた。お客さんが増えるたびに収入はどんどん上がっていった。

1月の収入:109287円

……

5月の収入:299485円

6月の収入:4730024

7月の収入:354319円

明細は記事の最後に記載しています

年利18%の利息のせいで毎月8000円返しても減る気配のなかったアコムの返済額もみるみる減っていった。なによりもうれしかったのは【営業スキルを身に付つけたことで、今後はフリーランスのトレーナーとして食っていけることがわかったこと】

「これで俺は自由や!」あの地獄のようなサラリーマン、アルバイト時代に戻らずに済む。それだけでなく、頻繁にパーソナルトレーニングを受けてくれるお客さんが抜けたとしても「また営業して顧客を増やせばいいか」と思えるため生活やメンタルも安定するようになる。この喜びは大きい。

正しく学ぶだけでこれだけの変化があるのだ。いま集客ができずに悩んでいる人も、知識がないから成果が出ていないだけで、本来ならもっと成果を出しているはず。つまり、トレーナーとして生きていくためにまず必要なのは、有名な資格や加圧の試験でもはない。自分という商品を魅力的に伝えるためのスキルだ。

コンサルティング内容

トレーナーを始めるにあたってどうすればいいかはnoteで紹介したが、新しく学んだことや詳しい広告の書き方を伝えるため、そしてあなたの場合どんなことでつまずいているかを確認&修正するために今回コンサルティングを始めることにした。

コンサルティングの内容については以下の通り。収入を上げるために必要なことは「①総顧客数を増やす、②顧客継続率を増やす、③顧客単価を上げる、④顧客離脱率を下げる」であるため、この4つの点にフォーカスしてアドバイスをしていく。

・効果的な広告の書き方についてアドバイス

広告の信用性を高めるポイントを解説

広告のチェック&訂正

・セールストークについてのアドバイス

初回カウンセリングから商品販売につなげるためのポイント

お試しパーソナルから商品販売に持っていくまでのポイント

クロージングから購入手続きまでのポイント

・顧客単価を上げるためのポイント

・顧客維持のためのポイント

・収入の増減をなるべく少なくするための工夫

・SNS発信のポイント

TWITTER、YOUTUBEからの集客がメインだったの?

2019年の8月頃にはTwitterのフォロワーが4000人、YOUTUBEのフォロワーが1.5万人ほどいたので「大原は営業力があったわけではなく、TwitterやYOUTUBEのフォロワーを客にしているから収入が上がっただけだろう」と思った方もいると思います。

ある意味私もガッカリしたのですがTwitterのフォロワーが4000人、YOUTUBRのフォロワーが1.5万人いてもSNS経由でパーソナルトレーニングを申し込んでくれる人は月1-3人程度かつ単発だけの人が基本でした。

つまり、わたしがメインで集客していたのは【私のことを知らないジムに通っている人】だった。だから立場としては今からトレーナーをはじめようとしている&既にトレーナーを始めている人と同じ。同じであっても、コツさえつかめば集客は上達するようになる。

報酬と契約内容

コンサルティング契約開始から14カ月、今までの平均の収入から5万円以上増えていた場合は、その増えていた額に対して3割を報酬として支払っていただきます。

支払ってもらう報酬

・今までの平均収入より5万円以上の上昇があった場合は、増収分から3割

・収入の上昇が平均額から5万円以下であれば支払う報酬はなし

※「収入」:エニタイムフィットネスやティップネスでは売り上げに対して2割から3割の料金が引かれるため、ジム側の取り分(売り上げに対して2-3割)が引かれた後のトレーナーの収入を基準に計算する。収入=トレーナーの銀行口座に振り込まれた額。

コンサル開始前の6カ月間の1月当たりの収入の平均を割り出し、その平均額を基準に上昇した収入が+5万以上の場合は歩合を支払ってもらう。トレーナーをこれから行う場合、もしくは行い始めた場合は【今までの収入の平均+5マンまたは15万以上の手取り(どちらかを選択)】に対して3割の報酬を支払ってもらう。

例:Aさんがコンサルを受ける前の給料

1月:18万(トレーナー開始日) 2月:20万 3月:10万 

収入の平均:(18+20+10)÷3=16万

平均の収入に対し5万以上の上昇(これの例でいえば21万以上)があれば3割の報酬を支払ってもらう

上の例で言うと、コンサルティング開始日が4/1ならば6/1以降の21万(16万+5万)以上の収入の3割を報酬としていただきます。

コンサルティング開始後、Aさんが支払う報酬

例えば6月の収入が21万(以上)だった場合は(21-16)×0.3=15000の報酬

7月が25万の収入の場合は(25-16)×0.3=27000の報酬。

8月が30万の収入の場合は(30-16)÷0.3=42000の報酬

仮に9月の収入が21万(以下)だった場合は支払う報酬はなし。

パーソナルトレーニングを始めたばかりのBさんの場合

コンサルティングを受ける前の給料▼

1月の収入5万 2月の収入10万 3月の収入5万

平均月給6.6万円

【Bさんがコンサルを受ける場合、15万以上の収入に対して3割の報酬が発生する。】

6月の収入が18万だった場合は(18-15)×0.3=9000円

7月の収入が20万だった場合は(20-15)×0.3=15000円

8月の収入が15万以下だった場合は報酬は支払う必要なし

一年間の契約にした理由は以下で紹介しています。

完全歩合制&一年間の契約にした理由

月額〇万円のような料金にしなかったのは、クライアントが稼げば私の手取りも増えるというWINWINの形にしたかったこと。また、やればやるほど収入が上がるようにしたかったので私のモチベーションアップのため。

月額〇万のような契約だと金銭的にきつければ続けることはできないし、1か月ほどでやめてしまえば何が原因で集客できていないのかわかりにくい&成長過程を見ることができないため。他者貢献したいという欲求はないが、自分が伝えた知識でどれだけ人が変わっていくのかを確認したいため、歩合制かつ14カ月の契約にしている。

応募条件と申し込み方法

改めて応募することが可能な人を提示しておきます。

応募可能な人

・伝えたことをすぐに実践できる人

・コンサルを受けた後に実名付きの感想を掲載可能な人

・フリーランスのトレーナーとして生きていきたい人

・給与明細を提示できる人

・こまめにアドバイスしたことを実際に実践したのか、反応はどうだったのかをフィードバックできる人

応募を拒否する人

・あれこれと理由をつけて行動しない人

・すぐに行動しない、フィードバックを返さない人

報酬確認のために給与明細の提示は必須ですので、エニタイムフィットネスやほかのジムからもらう給与明細を必ず提示してもらう必要があります。(すぐに用意できない場合は銀行口座に会社から振り込まれた額を提示するだけでも可)

今回行うこのコンサルティングは実験的に行っており、今後行うことが無い可能性もあります。まじで現状を変えたい&応募条件にクリアした人は以下のお申し込みフォームに答えてお待ちください。

申し込みフォームの内容を確認後、ラインのビデオ通話を通して面接を行います。その中で5名だけを選ばさせてもらうのでご了承ください。選ばれた5名には契約書をお渡しします。その契約書を確認していただき双方がサインを行ってからコンサルティングが開始します。

実験的に行うサービスでありリスク管理のため、一人当たりにかかる時間が多くなり一度に対応できる人数が限られることが予想されるため、5名限定とし、5人の応募者が決まり次第締め切ります。

▼お申し込みフォーム

https://forms.gle/czj46CBEdrB8M2GW6

給与明細

アズマショクヒン→エニタイムフィットネス市川店

ジービーシー→エニタイムフィットネス亀戸店

カ)ティップネス→ティップネス新小岩店

カ)ダンロップ→GYMSTYLE24妙典店

カ)プロダクトはトレタスでライターをしていた時の振り込み、パーソナルトレーナーの収入ではないので計算に含めない

2018年12月の収入

66903+164512+27186=258601円

2019年1月の収入

49141+20092+40054=109287円

2019年5月の収入

156480+120564+22441=299485円

2019年6月の収入

90012+327155+55857=6月の収入:473024

2019年7月の収入

103336+209923+41060=354319円