筋肉を成長させられる人の6つの特徴

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara

以前私は以下のようなツイートをしました👀▼

「筋トレを最近始めたけど筋肉が成長しない」「筋トレを初めて2-3年経って筋肉を成長できなくなった」という方にも役立つ内容ですので、今回はこのツイートについて詳しく解説していきます。

単純に筋トレのテクニック以外にも気を付けるべきところは多々ありますので、この記事では「こういうところも気を付けたほうがいいんだ」と参考にしてみてください!

①身を置く環境を重視する

Amazon.co.jp: 21ロニーコールマン - ボディービルダーオリンピア対 ...
こんなマッチョがいるジムがベスト!

まず一つ目の筋肉を成長させられる人の特徴が身を置く環境を重視しているところです。筋肉を大きく発達させることができている人がいるジムに行く、またはそういう人たちとかかわるようにすると、筋トレに対する意識が変わるだけでなく、筋トレ上級者しか持っていないような情報を共有することができます。

現在はYOUTUBEなどで大きい筋肉の人が筋トレの解説をしてくれていますが、YOUTUBEで再生回数を稼ぐには初心者のような分母の多い人向けのコンテンツを作ったほうが良いためニッチな情報は流れてきにくいのです。

ですから、実際に筋肉を大きく発達させている人の体とトレーニングを実際に見る、そして情報交換をするという一次情報を得られる環境に身を移したほうが筋肉を成長させられる可能性が高まります。

②時を忘れて打ち込み続ける

これを見ると「筋トレに打ち込むのだろうな」と思ってしまうかもしれませんが、筋トレだけに打ち込むのではありません。意外と筋トレに打ち込む人は大勢いてここでは差をつけることができないんです。。ですから、皆がおろそかにしがちなところにも力を入れましょう。

それは筋トレに関する勉強・情報収集です。何となくネットで学んでいる、YOUTUBEで学んでいるという人もいると思いますが、それよりももう1ステップ上の専門誌とか、一見筋トレに関係がないのでは?と思えるようなところも勉強できるようになると筋肉をより成長させることができます。

自分の頭だけで筋トレを追求していくよりも、過去の人たちが数十年、数百年築いてきた知識を使ったほうがよりよい選択をできるよウニなります。自分がやっているトレーニングが数十年、数百年前にトレーニングを始めたばかりの人たちと同じ非効率なトレーニングをしていると思うとガッカリしますよね。

以下のような書籍を読んでおくと自分の知っている筋トレの世界をより広げることができます。

③投資するべきところでケチらない

先ほど専門的な書籍を紹介しましたが、IRONMANやトレーニングマガジンという筋トレ情報雑誌を読んでおく読んでおかないでもかなり筋肉の成長に影響してきます。

「よりよい知識があるのならばお金を払ってでもそれを手にして実践する」これができる人は強くなります。大学生のころの私はケチって筋トレ雑誌を買うことすらやっていませんでしたが、大学四年のころに「やっぱ知識って大事カモ、、、」と思いはじめ情報収集をするようになったらすぐに体が変わり始めたのです。

「チキショッ!大学一年、いや、高校生のころからもっと情報収集してりゃ、もっとデカくなれたのに!チキショー!」とひどく後悔した覚えがあります。高校生のころ全く情報収集をしていなかったわけではないのですが量が圧倒的に少なかったです。せっかく過去の人たちが築いてきた情報があるのですからそれを利用しないと損です。

④自分の行動に理由をつけて説明できる

背中の種目で何となく、ラットプルダウン、チンニング、ベントオーバーローイング、デッドリフトを行っている人がいますが、それぞれ背中のどこの部分を鍛える目的でやっているのか、なぜその種目じゃないといけないのか、なぜその順番で種目を行っているのかを説明できる人が意外と少ないです。

この説明ができるようになるには知識が必要になってくるため、しっかりと情報収集を行っている人がこの問いにこたえられるようになります。「なんとなく感覚がいいから」でも良いのですが、前提知識がある状態でその答えを出すのと、何も知らずに同じ答えを出すのとでは雲泥の差があるので注意が必要です。

明確に、この種目はこの狙いがあってやっていると目的意識を持って行えると筋肉を成長させられる可能性がグッ高まります。

⑤柔軟な思考を持っている

ボディビルに興味がある人がボディビルのことをしか学ばないのであれば、常識の範疇から出ることはできません。ボディビルであってもパワーリフティングやウエイトリフティング、コンディショニングに関する知識を集めておくと意外と使える情報が見つかったりするものです。

私がベンチプレスを120kgから145kgに、スクワットを160kgから230kgに、デッドリフトを180kgから240kgに伸ばすことができたのもパワーリフティングの知識を取り入れるようにしたからです。固定観念にとらわれずに新しい知識を取り入れ、実践してみることもトレーニングを行う上では重要です。

これで筋トレ停滞を抜け出せた①サイクルトレーニング
これで筋トレ停滞を抜け出せた①サイクルトレーニング
※この記事は五分で読めます。 はい、おなっす。福岡市中央区でパーソナルトレーナーをしているパクチー大原です。 今回は私が筋トレでの停滞を抜け出した大きなきっかけ.....

⑥自分のブレない軸を持っている

新しい情報を手に入れ取り入れることは重要ですが、自分の明確な判断基準を持って取り入れるようにしましょう。ありがちな失敗が、雑誌やYOUTUBEで新しいトレーニング方法が紹介されるたびに自分が今までやっていたトレーニングを完全にやめてそれに飛びつく、また2-3か月後に新しい情報が流れたらまたそれに飛びつく行為です。

トレーニングを変更してから成果が出るには3-4か月は待つ必要があるため、違うトレーニング方法を取り入れたら最低でも3-4か月は継続するようにしましょう。継続したうえで調子が良くなければ前回行っていたトレーニングに戻す、調子が良ければそのまま新しいトレーニングを続けるようにするとあらかじめ決めておくことが大切です。

情報に振り回されないようにするには「あの人がやっているから」という理由で動くのではなく「なぜあの人があれをやっているのか」という根本にある理由を知った上で情報の取捨選択をするようにしましょう!

というわけでいかがでしたでしょうか?テクニックばかり重視されがちですが、こういった判断基準、マインドも重要ですので参考にしてみてください!というわけで今回は以上!オロッス!