どん底に落ちてからメンタル取り戻すまで~第五話~

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい。早大バーベルクラブに入りたい」と思い、早稲田大学スポーツ科学部に入学。大学4年時に早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。現在、福岡でパーソナルトレーナーをしている。

オロッス!パクチー大原です。@pakuti_ohara

以前の記事でメンタル上がっていたところからどん底に落ちるまで書きましたが、今回はその時からこのブログ記事を書いている現在、メンタルを取り戻すまでについて書いていきたいと思います。

以前の記事はこちら▼

どん底に落ちてからメンタル取り戻すまで~第五話~
どん底に落ちてからメンタル取り戻すまで~第五話~
オロッス!パクチー大原です。@pakuti_ohara 以前の記事でメンタル上がっていたところからどん底に落ちるまで書きましたが、今回はその時からこのブログ記事.....

最初の記事はこちら▼

どん底に落ちてからメンタル取り戻すまで~第五話~
どん底に落ちてからメンタル取り戻すまで~第五話~
オロッス!パクチー大原です。@pakuti_ohara 以前の記事でメンタル上がっていたところからどん底に落ちるまで書きましたが、今回はその時からこのブログ記事.....

YOUTUBE一本で生きようとした結果メンタル死

4月にパーソナルトレーナーをやめ、福岡県福岡市の姪の浜というところに移り住んだわけですが、当時の収入源はYOUTUBEから入ってくる数万円の収入しかありませんでした。鬼滅の刃風に言うなら生殺与奪の剣をYOUTUBEの再生回数に奪われていたわけです。

するとどうでしょうか。トレーナーでの収入源がありつつ、YOUTUBEをやっていた時と比べてメンタルはさらに落ち始めました。再生回数の上げ下げで今後生きれるかどうか分かれるわけですから再生回数が上がらないとめちゃくちゃ落ち込むのです。

再生回数が上がらない原因は何だろうとコメント欄を見直すと「今何をめざしているのかわからないから、今後どうしていきたいのか宣言するといいのでは?」とあったため当時わらにもすがる思いだった私は、早速実践してみることにしたのです▼

「親父が死ぬー」ということを泣きながらSNSで告知する

タイトルだけ見るとなにがなんだかわからないと思いますが、私は2019年の12月くらいで親父がガンになっていて余命があと一年くらいだということを知らされていました。これを知った私は前々から思っていた親父の年収を超えたいという思いが沸き起こったのです。

なぜ年収を超えたいと思ったのかというと、親父の影響です。親父は貧乏生まれ貧乏育ちながら、20-30代ネズミやゴキブリを駆除する害虫駆除の分野で起業し、年収1000マンほどになることができていました。

貧乏暮らしから成金への反動もあるのか、私が幼いころから「金のあるやつがエライ」「金のある俺エライ」とひたすらと家族に言っていたのです。残念ながら「金こそ我の価値ナリ」と延々と言い続けていた親父の会社は倒産してしまい、子供のころに少なからず憧れていたキッチリスーツを着こなす親父はいなくなってしまいました。

私が福岡から関東の大学に行った時くらいに会社が倒産して、久しぶりに実家に帰ってみると親父が別人のように活力・元気がなくなっていたので「この人だれ?」と思うこともありましたが、親父が死ぬことを告げられて「俺にできる親孝行って親父の基準で親父を超えることなんじゃないの?」と思ったわけです。(親孝行ってする必要あるのか知らんけど)できれば親父が生きているうちに超えたいと思ったため年収1000マンを今年中に達成すると宣言しました。

この発言をするとエゴとか言われましたが、親孝行自体エゴなのでまぁエゴです。自分が気持よくなるためにやっています。「親父のそばにいてあげることが一番の親孝行だよ♡」とも言われましたが、くせぇ言葉だなと思うとともに、基本的に親父が好きではなく一緒にいると自分が楽しくないので無理です。

子供のころに親父が好きだったという核がいまだに自分に残っていてそれが原因で泣くという醜態をさらしてしまったのかと今は思っています。知らんけど。

今思えば人生の中でこれが一番どん底だったような気もします。唯一この動画を出してよかったのは私と親父は基本的にコミュニケーションをとらず一方的に親父が話すだけなのですが、この動画を通して私の言葉を告げることができたことですかね?知らんけど。あとこれをきっかけにレッツゴーなぎらさんと知り合えたのもよかったです。

YOUTUBE以外のもので生計を立てることを決める

▲速攻で損切りしたYOUTUBEチャネル

年収1000万でいきると宣言してからいろいろと変化が起こりました。まず最初に動画を見た人がパクチー大原Tシャツという当時販売していたTシャツをどんどん買ってくれたのです。「お涙頂戴でTシャツ売りたかっただけだろ」とも言われましたが、その器用さがあるなら私にもください。

Tシャツを購入してくれる人がいたおかげでこういう収入源も作れるんだということが分かり、収入の柱をつくるためにいろいろと模索してみました。新しいYOUTUBEチャンネルを立ち上げたり、サブチャンネルを育てたり、noteで記事を出してみたり、オンラインコーチングのサービスを出してみたりなどなど。

実らなかった種もありますが、実った種もあったので、なんとかYOUTUBEに頼らずとも生計を立てることができるようになっていました。低空飛行すぎてあまり生きている心地がしませんでしたが、「ネットだけで生きる」が一応できるようになっていたわけです。

収入の柱が増えるほどメンタルが安定してきた

収入の柱が増えることで新たな発見があり、支える柱が多ければ多いほどメンタルが安定することが分かりました。再生回数が上がらないのは残念ですが、YOUTUBE一本に依存していた時の1/20くらいの残念さになりました。無くてもともとみたいな?

この出来事から、メンタル起伏なく楽しく生きていくには何かに依存している状態はNGなのだなと気づけたため、一つのところで大きく稼ぐよりも、数か所である程度稼ぐようにしていこうと決めました。

あとは収入だけでなく、友人関係や遊びも含め、一つのものに依存しすぎるとメンタル不安定になるからある程度分散しなくちゃいけないんだなと知ることができました。

ガリガリ君に教えを乞うため8月に引っ越し

自分の収入は、親しくしている友人5人の平均値になる、隣人の科学という法則があるみたいです。

幸いにも、私がやりたいネットで稼ぐ方法で、親父以上に稼いでいるまさにベンチマークにするべき人間がいました。高校の同期でミニマリストをやっているガリガリ君です。ガリガリ君は慶應に2回受験し、二回失敗した結果フリーターになっていましたが、ミニマリストというジャンルで活躍していました。

早稲田大学に入学して私が怠けていた中でどん底に落ち、ガリガリ君は二回受験に失敗し、アルバイトしつつブログ書いて大きく活躍したので、常に努力し続けることが重要なのだなと思いましたね。現状維持はなく成長するよう努力しないと落ちる。人生25年目で初めて気づきました。

話がそれましたが、ガリガリ君に意見をもらいつつ今度どうすればいいのかを考えていくことになりました。

10月トレーナーを再開することを決意

チラシの下書き

10月時点でコンスタントに約20万は稼げるようになっていましたが、12月までの年収1000マン・月88万には程遠く、奥の手を使うしかないということでパーソナルトレーナーを始めることにしました。

本当は福岡に引っ越して4月の時点でパーソナルトレーナーになるべく福岡にあるエニタイムフィットネスに一通り応募してみたのですが、コロナの影響もあるのかすべて断られました。10月にトレーナーを始めるにあたってはエニタイムフィットネスは頼りにできないため、自分でチラシを配って集客し、レンタルジムでパーソナルトレーニングを行う方法を模索することにしました。

新しいチャレンジでしたが「パーソナルトレーナーであればどこでもやっていけるのかどうか、エニタイムフィットネスに頼らずともやっていけるかどうか」を知るためにやっておくべきものだったのでモチベーションは高かったです。というのもまたどこかで失敗したとしても、この方法でお金を稼げばいいか思えるので自分にとってのセーフティネットになるわけです。マインドが安定します。

11月下旬からトレーナーを再開、そして現在

チラシ配りは普通にきつい
チラシ折るのも意外にきつい

初めての場所、初めての集客方法でしたが、10000枚のチラシを配って6件の問い合わせが来て、3件が継続になりました。三件というと少ないと思われるかもしれませんが、一人のお客さんが週2くらいでコンスタントに継続する方だったため、パーソナルだけで生きる分にはギリギリですが、今までのネットで生きていけるだけの収入と合わせるとある程度の余裕が出てきました。

レンタルジムを利用するパーソナルトレーナーの方法でもイケることを知ったことで、「あっ俺、ジムがある場所ならどこでも生きていけるな」とぼやけた自信が出てきました。関東でエニタイムフィットネスを利用する方法でしか知らなかったのでどことなく、他じゃ生きていけないんじゃ?と少しの不安がありましがそれが消え去った感じです。

とはいえ、今月は月88マンになると宣言した12月。収入は若干上がりましが月88万は普通に無理そうです。無理っす。無理無理カタツムリ。オロッス。さすが親父。あなたが自慢していたものは一筋縄には越えられませんでしたね。とはいえ、以下で説明するように自分が苦しくない楽しく生きていける方法で親父越えを狙っていきたいと思います。

今後の展望

驕っているわけではないですが、単純に収入を上げたいならゴールドジムで長く働き続け、固定のお客さんをひたすらストックしていく方法がベストだと思っています。しかしながら、私が求めたいのは「自由」。

どこでも働けて、好きな人とだけ関わる。これを実現させるためには、リアルのトレーナー業に力を入れすぎるよりも、ネットで収入を得ることに2021年の6月までひたすら労力を費やしたほうが良さそうです。6月までといったのは福岡からほとんど人がいないような田舎に移住して村づくりをしようと思っているからです。

村づくり?ええ、村づくりです。鉄腕ダッシュのダッシュ村いいなと思って、あれしたいんですよね。小学生の時に家庭菜園とかしてたんで、田舎OKっす。うす。人間いつ死ぬかわからなんで、やりたいことをやっておこうと思います。やりたいことの延長線上に収益があるといいなという感じで村づくりを始めます。

最初は単純に自分一人で田舎に住んで、ホームジム作って、にわとりと豚飼うくらいしかしませんが、後々は村なんで、人を招き入れることもしたいなと思っています。詳細はまた直前になって話す予定です。なので今やっているリアルのトレーナー業は維持くらいにしておいて、6月の移住に備えてネットでいきるための基盤づくりとして、筋トレブログとTwitterを頑張ります。

YOUTUBEは村に移住してからまた再開しようかと思っています。面白い私生活を送ってこそみられそうですからね。パクチー大原、奇人コース進みます。

というわけで、数か月後にまた書きます。さいなら~