ダイエットでも食べられるおススメのおやつ・お菓子6選

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara

今回はダイエット中でも食べられるおやつ・お菓子を紹介するとともに、ダイエット中にお菓子をたべても太らない根本的な知識もお伝えしていきます。

この記事を読むことでダイエット中でも「あれも食べられない・これも食べられない」という食べ物の縛りがなくなり、ストレスを感じずにダイエットを継続させられるようになります。なるべく苦痛なくダイエットをして、周りからも褒められる体型を手にしたい場合は今回紹介してある「おやつ」とダイエットの基本を参考にしてみてください。

ダイエットの前提

ダイエットを進めていく上で重要なことは「摂取カロリー>消費カロリー>三大栄養素>食事のタイミング」です。まずは摂取カロリーを記録して自分の体重が何kcalとると減るのかを把握しましょう。

○○ダイエットをしても体重が減らなかったり、思うような効果を得られないのは痩せるための最重要事項である摂取カロリーが合っていないからです。逆に、摂取カロリーの計算が合っていればお菓子や甘いもの、間食をしたとしても痩せることができます。

ダイエットを行う労力を無駄にしたくない、ダイエット中であってもいろいろと食べたいという人は以下の記事を参考にしながらカロリー計算を行ってみてください。無料のアプリを使えば1日3分以内に入力が終わります。

【これで簡単】ダイエットを成功させる食事制限とカロリー計算を始める方法
【これで簡単】ダイエットを成功させる食事制限とカロリー計算を始める方法
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回は食事制限を始める上で基本のカロリー設定とカロリー計算、ダイエットを行う上で何を一番大切にしたほうが.....

ダイエット中に食べられるおやつ・お菓子

カロリー計算ができれいればカロリー範囲内で何を食べても痩せるのですが、その中でもあまりカロリーを気にせずに食べられたり、栄養素のバランスを崩しにくい食べ物を6つご紹介します。

ギリシャヨーグルト

オイコスのカロリー:92kcal

たんぱく質:9.6g

脂質:0g

炭水化物:12.9g

ギリシャヨーグルトは脂質が少ないため、低脂質ダイエットをしている人にはぴったりなおやつです。1個当たり100kcal以下でたんぱく質も豊富に含まれているため、なんの罪悪感もなく食べることができます。

0kcalゼリー

0kcalゼリーもダイエットをしている人にはぴったりなおやつです。0kcalですからカロリー計算の必要もありません。「今日1日分のカロリーは取ってしまった、、でもお腹が減って気が狂いそう、、、」そんな時にこれを食べるとOH MY GOD

SEIYUやSUNNYで売っている0kcalの寒天ゼリーもおススメで、私はよく減量中に食べていました。甘みを感じた時点でインスリンという血糖値を下げるホルモンがでるため、空腹時に食べるとさらに血糖値が下がり空腹感が増してしまいます。それを防ぐためには腹持ちのいい食材を使った食事の後にデザートとして食べることををおススメします。

アイスボックス

48kcalでアイスを食べらるのはアイスボックスだけ。氷だと思って馬鹿にしがちですが、普通にうまいので「甘いものが食べたい、でもおやつでカロリーをたくさん摂りたくない」という人におススメです。平安時代とかだったら貴族の食べ物なので、貴族になった気分で食べましょう。

アーモンド

甘いものは食べたくない、でもちょっとした小腹を満たしたい、、そんな人はアーモンドやクルミがおススメです。良質な脂質がとれるだけでなく少量でも小腹をみたしてくれるため、ダイエット中こそアーモンドやクルミを食べましょう。

アーモンドは一粒あたり6kcalなのでアーモンドを食べた場合は無料で使える食事管理アプリなどを使ってどれくらい食べたかを入力しておきましょう。

焼いも

強烈に甘いものは苦手、、、という人には素朴な甘さの焼いもが良いでしょう。食物繊維も豊富なため、お腹が膨れるだけでなく、便通の改善にも効く最高の食材です。自宅の炊飯器に水とさつまいもを入れて加熱してたべるのも良いですし、ドン・キホーテで買ってきてもよいでしょう。

ちなみにこの焼き芋を冷凍庫でカチカチにした、焼いもアイスもうまいのでおススメです。

和菓子

炭水化物だけで構成されているだんごやすあま、わらび餅といった和菓子や菓子パンもダイエット中に最適なおやつです。このおやつを食べる場合はタイミングが重要で、筋トレの後にプロテインとともに食べるとよいです。

筋トレ後であれば炭水化物を多めにとったとしても、脂肪ではなく筋肉に対して優先的に炭水化物が送り込まれるため太りにくくなります。もちろん、摂取カロリーの計算は必要です。

まとめ

いかかでしたでしょうか?ダイエット中であってもカロリー計算をして、食べるものを選べば甘いものや間食もすることができます。知識と工夫こそ楽に目標を達成するためには重要と考えて、まずは摂取カロリーの計算から初めてみましょう。

摂取カロリーの計算ができるようになったらよりダイエットを楽なものにするために16か条を以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。というわけで今回は以上!オロッス!

ダイエットで失敗する16の特徴・食事制限を成功させるコツ
ダイエットで失敗する16の特徴・食事制限を成功させるコツ
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回は私がダイエット指導を行う上で気づいた、ダイエットを行う上で失敗しやすい人の特徴とその対処法を紹介し.....