ダイエットのモチベを維持する心理学的テクニック【タスクフォーカス・ゴールフォーカス】

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara

今回はダイエット中に挫折しそうになった時、体重が減らず「もうどうでもいいや!ダイエットやめちゃおうかな!」と今までの熱意がスッと抜けていきそうな時、モチベーションを保つための心理学的テクニックを紹介します。

ダイエットで何度も挫折している、今まさに挫折しかけている人には役立つ内容になるので、ぜひ最後までご覧ください。

ダイエットで挫折しそうになる時

体重が上がっている時に挫折しそうになるが、そこで待てば落ちる

ダイエットを行う上でモチベーションが下がるのは体重が思うように下がらなくなった時です。体重は上の画像のように一直線に下がっていくのではなく、ジグザクになりながら低下していきます。

同じカロリーをとっていても2日連続で体重が同じままだったり、3日目には少し体重が上がったりもします。そして、4-7日目で体重が低下し最低体重を記録したりと一直線に体重が下がることはありません。

つまり、体重の増減は1週間の長期的視点で判断する必要があるのです。ですが2-3日の体重の増減にモチベーションを狂わされてダイエットをやめてしまったり、安易に「摂取カロリーを落として体重を減らす」を繰り返して、摂取カロリーを減らしても体重が減らない状況にハマる人は多いのです。

うまくいってない時にいかにモチベーションを保って継続をするかがダイエットを成功させるための一つの要素です。うまくいっている時、いっていない時でゴールフォーカスとタスクフォーカスを使い分けるようにするとモチベーションを保ちやすくなります。

物事があまりうまく進んでいない時に使うのがタスクフォーカス

上手くいっていないときは今日1日のやるべきことに集中する

「体重が2-3日増えている、このまま体重は減らないんじゃないか、また痩せられないのか」と物事があまりうまく進んでいない時に使うのがタスクフォーカスです。「タスク=やるべきこと」つまりうまくいっていないときこそ自分が今日やるべきことに集中するようにするのです。

「今日も体重が停滞しているけど、今はしっかりと決めた食事と運動を継続することに集中しよう。」「今日も誘惑に負けずやるべきことをやろう」と目標ではなく今日やるべきことに意識を集中させることでモチベーションを低下させずにダイエットを継続することができます。

もし、うまくいっていない時に目標に焦点を当てると「今日も体重が減っていない!これじゃいつまでたっても目標達成できない!」というように理想と現実のギャップに苦しむことになります。うまくいっていないこそ、タスクフォーカス。目の前にあるやるべきことを着々とこなし、そのことを自分自身で褒めてあげるようにしましょう。

進んでいる感を作ることが大事

「1日1日を乗り越えるという」細かい目標にすると1日ごとに進んでいる感が出る

上手くいっていない時にタスクフォーカスをするのは「進んでいる感覚」を作り出すためです。

努力をしているのに進歩している感覚が得られないと人間のモチベーションはどんどん下がっていくため、「腹筋を夏までに割る」という長期的な目標以外にも「運動と食事制限を続けれられる日をなるべく増やす」という短期的な目標も作ってあげると体重が停滞していても進んでいる感覚を味わうことができます。

これはほかのことにも使えて、筋トレをしてマッチョになりたいと思っていても体の変化として現れるのは2-3カ月後になるため、体が変わらないうちは「ベンチプレスの重量を増やそう」とか「ベンチプレスの回数を増やしていこう」といった他の目標を立ててあげることでモチベーションを維持することができるのです。

物事がうまく進んでいる時に使うのがゴールフォーカス

長期的な目標を見るのはうまくいっている時

逆に物事がうまく進んでいる時に使うのがゴールフォーカスで、順調に体重が減っているのであれば「うっすら腹筋が割れていればいいと思ってたけど、バキバキの腹筋にしよう」とか「顔だけ痩せればいいと思ってたけど、腹筋がうっすら見えるところまで体脂肪を落としていこう!」といった長期的な目標に焦点をあててあげるとよいです。

大体の人はうまくいっている時だけでなく、うまくいっていない時もゴールフォーカスをしていることが多いためうまくいっていない時に挫折をしてしまいます。

ダイエット、筋トレ、仕事すべてのことに共通して言えるのが、うまくいっていないときこそ目の前のやるべきことに集中し、うまくいっているときこそ慢心せずさらなる高みを目指すこれがモチベーションを維持して物事を成功へと導くタスクフォーカスとゴールフォーカスの考え方です。

実際、かなり効くのでうまくいっていないなと思ったときはこの話を思い出してください。というわけで今回は以上!オロッス!