アイスを食べながらでもダイエットができるアイスの食べ方と選び方

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara

今回はアイスを食べながらでもダイエットができるアイスの選び方、食べ方をご紹介します。

この記事を読むことで、アイスだけでなく、甘いものを食べながらダイエットを進めていく上での根本的な理解ができるため「あれもこれも食べられないダイエット」をせずに済みます。継続しやすいダイエットは成功に近づきますので最後までご覧になってください。

ダイエット中でも食べたいものを増やしたいのなら

ダイエット中でもアイスや甘いものを食べたい場合はダイエットにおいて何を一番に優先させるべきかを押さえる必要があります。

ダイエットで重要なことは「摂取カロリー>消費カロリー>三大栄養素>食事のタイミング」です。つまり一番重要なのは体重が減少する摂取カロリーに合わせることです。これができていればアイスやアンパンを食べても痩せることができます。

体重が減少する摂取カロリーを合わせるには、まず自分が1日に何kcalとっているのかを計算してみましょう。これをめんどくさがってやらないのは本人の自由です。ただ、「食べたいものを食べて苦痛の少ないダイエット」と「食べたいものが食べられない、体重が停滞しやすいダイエット」どっちがいいですか?

私はなるべく苦痛の少ないダイエットがいいと思っているので、カロリー計算を行うことおススメしています。慣れれば1日3分以内に記録が終わるので以下の記事を読みながらカロリー計算を行ってみてください。

【これで簡単】ダイエットを成功させる食事制限とカロリー計算を始める方法
【これで簡単】ダイエットを成功させる食事制限とカロリー計算を始める方法
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回は食事制限を始める上で基本のカロリー設定とカロリー計算、ダイエットを行う上で何を一番大切にしたほうが.....

アイスが太るといわれている原因は?

アイスが太るといわれている理由は以下の2つ。ダイエット食として適しているわけではないため、アイスを食べる場合は多くても1日1個に抑えましょう。

アイスが太るといわれている理由①消化吸収が早い

アイスは単糖類と呼ばれる消化吸収の早い炭水化物でできているため、食べてもすぐに空腹になりやすいです。ダイエットに適した炭水化物は玄米や全粒粉、そばといった食物繊維が豊富で腹持ちの良い食べ物なので、普段の食事では腹持ちのいい炭水化物を主に食べるようにしましょう。

すきっ腹の時にアイスを入れてもすぐに空腹になるため、食べるなら腹持ちのいい食材が含まれた食事の後か、記事の後半で紹介するあるタイミングにしましょう。

▼ダイエットで空腹になりにくい食材や料理は以下の記事で紹介しています。

痩せる食べ物まとめ┃ダイエット中に合った食品・食材はこれ!
痩せる食べ物まとめ┃ダイエット中に合った食品・食材はこれ!
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回はダイエット中に積極的食べておくとダイエット成功につながる食材をまとめてご紹介します。 この記事を読.....

アイスが太るといわれている理由②脂質が多い

アイスが太るといわれている2つ目の理由は脂質が多いことです。脂質は1gあたり9kcalですが、炭水化物とたんぱく質の4kcalですが、脂質は1gあたり9kcalもあります。つまり脂質は量の割りにカロリーが高いのです。

その脂質はアイスクリームやMOW、ハーゲンダッツといった生クリームを使ったアイスに多く含まれているため、1個当たりのカロリーが高くなります。

おなか一杯にならないのにカロリーが高い食事はダイエット食にはダイエット向きの食事ではないため太るといわれています。ただ、アイスには脂質が0gに近いものもあるのでこの記事で紹介している続けて読んでみてください。

▼満腹感のわりに低カロリーなカンタン料理を知りたい場合は以下の記事で参考にしてください

【超簡単】ボディビルダーすすめるダイエット中の自炊・食事メニュー7選
【超簡単】ボディビルダーすすめるダイエット中の自炊・食事メニュー7選
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回は自炊でダイエット食を作る際に使える、超簡単な食事メニューを7つ紹介します。 「オシャレなダイエット.....

アイスは大きく分けて2種類に分類される

アイスは大きく分けて脂質の少ないアイスと脂質の多いアイスの二つに分けることができます。それぞれ代表的なアイスを並べてみます。

脂質の多いアイス

・ハーゲンダッツ ・チョコモナカジャンボ ・MOW

・スーパーカップ ・ソフトクリーム

脂質の少ないアイス

・アイスの実 ・ガリガリ君 ・アイスボックス

・あずきバー ・白くま ・かき氷

ダイエット中はなるべくカロリーの低い脂質の少ないアイスを以下で紹介するタイミングで食べるようにしましょう。

アイスを食べるベストタイミングは

脂質の少ないアイスを食べる場合は食後、または筋トレの直後にしましょう。筋トレ直後は食べた炭水化物が脂肪よりも筋肉に送り込まれやすくなっているため太りにくいのです。

単糖類のような吸収の早い、腹持ちの良くない炭水化物は普段のダイエット食には適していませんが、筋トレ直後であれば逆に筋肉回復の材料としていち早く取り込まれるため筋トレ直後の食事に適しているといえます。

私の場合はプロテインとアンパンを筋トレ直後にとっていますが、アイスがいい人はプロテインとアイスをセットでとるようにしてあげるとよいです。

おススメの自作アイス

アイス食べたいけど、体にいいものが食べたい!という方は以下のアイスを作ってみてはいかがでしょうか!

・ヨーグルトアイス

一つ目はオイコスというギリシャヨーグルトと冷凍したアイス。たんぱく質も豊富でそこにあるソースも甘い。そして1個当たり100kcal以下ですので、ダイエット中のアイスにはぴったり。

・アイス焼いも

もう一つは焼いもを冷凍させた焼いもアイス。非常にシンプルなアイスですが、うまい。食物繊維が豊富で便通も良くなるのでアイス食べつつ腸内環境も良くしたい方はこちらの焼いもアイスがおススメです。

以下の記事でダイエット中でも痩せられるおススメのおやつも紹介しているのでそちらも参考にしてみてください。というわけで今回は以上!オロッス!

ダイエットでも食べられるおススメのおやつ・お菓子6選
ダイエットでも食べられるおススメのおやつ・お菓子6選
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回はダイエット中でも食べられるおやつ・お菓子を紹介するとともに、ダイエット中にお菓子をたべても太らない.....