失敗する日を作るとダイエットは成功する【チートデイの心理学的効果】

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara

今回はチートデイがもたらすダイエット効果を二つご紹介していきます。

「ダイエット中に我慢ができずキレ食いをしてしまう」「代謝が落ちて今までのカロリーでは体重が落ちなくなってきた」という人の悩みを解決する内容になりますのでぜひ最後までご覧ください。

我慢ができずキレ食いするのは【根性が無い】からではなかった

キレ食いしてしまった後の敗北感

ダイエットをしたことがあるなら誘惑に負けてキレ食いをしてしまったことがあると思います。

私自身もそうでした、目の前の誘惑に負けてスーパーに駆け込み、チョココロネを買ってそれを胃に詰め込んで、移動してクレープを買って、お腹いっぱいになった一休憩して、そのあとに中華料理屋でチャーハンを食べる。。。罪悪感に襲われながらも食べる勢いを止めることができない。。

このような予定外のキレ食いは罪悪感を感じさせ、やる気を減少させてしまいます。キレ食いをしたときは「自分は根性がないんだ」と思ってしまいがちですが、実際のところ根性がないというよりも忍耐強くなる方法を知らないだけかもしれません。

以下で紹介する方法を試してみてください。

チートデイの二つの効果

キレ食いを防ぎ、忍耐強くなる一つのテクニックとして失敗する日をあらかじめ予定に組み込んでおくことがあげられます。ダイエット中ならばドカ食いをする日を予定に組み込んでおくわけです。チートデイを設けることで得られるメリットは以下の二つです。

チートデイのメリット①代謝を上げて痩せやすくする

ポルトガルカトリック大学の実験で36名の参加者を2つのグループに分けて、ひとつのグループは週に1回のチートデイを設けて2週間のカロリー制限を行ってもらい、もう一つのグループはチートデイはなく2週間のカロリー制限を行ってもらいました。
たった2週間ですし、その間にチートデイを設けてしまったらダイエットの効果はなさそうですが、実際はチートデイを設けたグループの方が体重が減りやすかったという結果が出ました。
さらに、チートデイを設けたグループの方が、ダイエットを楽しく感じることが出来て無理なく行うことが出来て減量に対するモチベーションも上がったうえに、自分のメンタル・感情・欲求をコントロールするセルフコントロール能力も向上していました。

https://daigoblog.jp/prevent-plannedcollapse/

ダイエット中はカロリーを下げていく必要がありますが、カロリーを下げっぱなしにすると基礎代謝が下がっていくため痩せにくい体になっていきます。それを防ぐためにチートデイを設けて摂取カロリーを多めにとる日を作るのです。

また実験ではダイエットを楽しく感じることができたと書いてありますが、これは楽しみの予定をあらかじめ決めておくことで起こった結果です。一週間の人間の幸福度は金曜が土曜や日曜よりも高いという研究結果がありますが、それは楽しみなイベントを待つ方が期待感が高まり楽しみに思えてくるからです。

人間を忍耐強くし、予定外の失敗を防ぐ

別の実験ですが、64名の参加者を2つのグループに分けて、ひとつのグループにはチートデイの方法を教えて、もう一つのグループには何も教えませんでした。その上で参加者それぞれの、貯金・運動・ダイエット・禁酒などの目標に挑戦してもらいました。その結果、どのような計画や目標に対してもチートデイを使ったほうが達成率が高かったという結果が出ています。

https://daigoblog.jp/prevent-plannedcollapse/

数か月間のダイエットが終わるまで食べたいものを食べない、運動も毎日するというルールの場合よっぽど忍耐強くないとこれを達成することができず、予定していないキレ食いをしてしまい自分に罪悪感や敗北感をもたらしダイエットへのモチベーションを低下させます。

自分が意図していたことと別の事態が起こることに対して敗北感を感じたりモチベーションが下がったりするので、予め失敗をする日を予定に組み込んでおきましょう。

自分が何とか我慢できる期間であらかじめ失敗する日を作っておけば、その日はリラックスできて次もまた頑張ろうと思えますし、失敗する日があるからその日まで頑張ろうとも思えるようになります。ですからダイエット中は食べたいものを全く食べないと決めるのではなく、ところどころで休む日(チートデイ)を入れるようにしましょう。

チートデイの取り入れ方は以下の通りです。

チートデイの条件

チートデイは以下の条件で取り入れましょう。

あらかじめ予定に組み込んでおく

チートデイはあらかじめて予定に組み込んでおきましょう!「今日はいつも以上におなか空いてるしチートデイにしよう!」とするのはNGです。我慢強くダイエットを頑張るためにチートデイがあるので、予定に組み込んでおきチートデイを楽しみにしながらダイエットを行っていきましょう。

10-14日を目安にチートデイを行う

チートデイを行う頻度は10-14日です。基本的ンは14日に1回の頻度でチートデイを行うことをおススメします。

1食だけ好きなものを好きなだけ食べるようにする

チートデイを行う際は丸一日何かを食べ続けても良いとするとさすがにカロリーオーバーになるので、「一食だけ好きなものを好きなだけ食べても良い」としたほうが良いです。チートデイをするのにおススメなタイミングは夜。朝に好きなものを食べてしまうと昼や夜まで引きずってしまうのでチートデイは夜のお楽しみにしましょう。

今回紹介したチートデイ以外にもダイエットより楽にするために心理学的テクニックを以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。というわけで今回は以上!オロッス!

ダイエットのモチベを維持する心理学的テクニック【タスクフォーカス・ゴールフォーカス】
ダイエットのモチベを維持する心理学的テクニック【タスクフォーカス・ゴールフォーカス】
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回はダイエット中に挫折しそうになった時、体重が減らず「もうどうでもいいや!ダイエットやめちゃおうかな!.....
キレ食いを防ぎダイエットを成功へと導く心理学的テクニック
キレ食いを防ぎダイエットを成功へと導く心理学的テクニック
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回は「ダイエット中に予定よりも多くのカロリーをとってしまった」「誘惑に負けてお菓子を食べてしまった」の.....

▼ダイエット中の食事や運動といった基本事項はこちらで確認できます

【○○ダイエットで痩せない方へ】ダイエットを成功させるために押さえておきたいこと
【○○ダイエットで痩せない方へ】ダイエットを成功させるために押さえておきたいこと
オロッス!パクチー大原です!@pakuti_ohara 今回は○○ダイエットを行ってきたけど痩せない、、というかたのためにダイエットを成功させる上で絶対に押さえ.....