減量中に一気に筋肉がしぼむ現象とその原因

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

はい、おなっす。福岡市中央区でパーソナルトレーナーをしているパクチー大原です。

今回は皆さんが減量を始める上で感じるであろうからだがどんどんしぼんでいる現象とその理由について紹介したいと思います。

「減量で筋肉がどんどん減っていくよぉ~ドラえもぉぉおおおおん」と病んでいる人は慰みになるかどうかは知りませんけど、参考にはなると思うので最後までみてみるとよいでしょう。

私も初めて減量した当初はこんな感じでしたが以下のことが分かったので今では割り切って減量を進めるようにしています。

早速ですが、減量中に体、筋肉がどんどんしぼんでいく理由としては2つあります。それは

■筋肉内の脂肪が落ちている

f:id:OHR:20190502001245j:plain
出典:https://r.gnavi.co.jp/c845903/menu2/

ことです。体の中の脂肪は単純に筋肉と脂肪に分かれているわけではありません。和牛をイメージしてもらうとわかりやすいのですが、和牛の赤身(筋肉)の部分にはサシといわれる脂肪がありますよね?

人間の場合も同じで大幅な増量をしている人なんかは特にこのサシの割合が多くなってきます。筋肉も増えているかもしれないけどサシも増えているというわけです。

減量を始めると、まず真っ先にこのサシの部分から消えていくので、減量しょっぱなから一気に体がしぼんでしまうという人はこのサシの割合の多さが原因だったのです。

今初めて減量している人で、筋肉がどんどんしぼんでいくよぉ~と嘆いているひとは安心してください。それはサシなんです。フェイクなんです。もとから筋肉ではなかった、幻想なんです。(念押し)

初めて減量をする人は体がしぼむことを恐れて摂取カロリーをそもそも体重が減るラインまで落とせない人がいますが、今回の私の記事のおかげて体がしぼんでいくことに折り合いをつけて減量できますね(ニッコリ)

■筋肉量が落ちている

f:id:OHR:20190502001421p:plain

筋肉がしぼむ原因として考えられるもう一つの原因はそのまんま、筋肉が減っていることが挙げられます。

減量中だからといって増量期のトレーニングの重量よりもはるかに軽い重量でトレーニングをしていたり、体重が停滞したからといってほかの引き出しを使わずむやみやたらと摂取カロリーを減らしていると筋肉はどんどん減ってしまいます。

減量中であっても使用重量とトレーニングの質を損なわないだけの摂取カロリーをとっていれば筋肉は維持できるので使用重量が変わっていないのに減量しょっぱなから筋肉がおちていくということはないです。安心してください、減っているのはフェイク、幻想なんです(二度目)

減量後半でカロリーをこれ以上減らすとトレーニングの質が落ちる(使用重量が下がる)だろうなと感じた場合は以下の記事を参考に停滞を乗り切ってみてください。

www.pakuti-ohr.com

■まとめ

f:id:OHR:20190502001603p:plain

いかがでしたでしょうか?

・減量中でしょっぱから減っていくのは筋肉の中にあるサシの部分

・筋肉がどっと落ちるのはトレーニングの質が落ちたときだけ

基本的にはこうなんだなと思えるだけでしぼみゆく体をみてもまだまだ俺の実力はこんなものかという折り合いもつきます。

あとは減量中は自分の皮下脂肪の減少具合とトレーニングの質の維持に気を使いながらやってあげれば脂肪のない状態の自分を見ることができます。