低GI食品は減量にマストなの?

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

はい、おなっす。福岡市中央区でパーソナルトレーナーをしているパクチー大原です。

今回は減量中に皆さんが食べているであろうオートミールや蕎麦、玄米といった低GI食品が減量にとってマストなものなのかどれくらい重要性のあるものなのかについて解説していきたいと思います。

■低GIじゃないと減量は無理なの?

f:id:OHR:20190427000819j:plain

結論から言うと低GIじゃなくても減量はできます。白米やうどんを食べても減量はできますし、そばやオートミールでなければ痩せないわけではありません。

減量の切り札の一つとして高GIから低GIに変えるという方法がありますが、個人的な感覚としてはこれだけで減量が進捗したかといわれるとそうでもありません。むしろ体重を直接的に減らすという点では効果ないのではと思ってしまうほど。

高GIであっても三大栄養素を摂取する割合と栄養素の量を工夫していけば体重は落ちるのです。減量途中まで実験で主食を団子にしていましたがそれでも体重はしっかりと落ちていました(現在団子は飽きたのでやめている)。

f:id:OHR:20190427001408j:plain
ごま団子超好き

ということは減量中であっても別に人によってまずいと思うようなオートミールや玄米を食べる必要はなく、白米やうどん、パンを食べながら減量をしていってもよいのです。

日本ボディビルチャンピオンの鈴木雅さんも減量中であっても基本的に白米を主に摂取していますが、これは何も鈴木雅さんが特別なひとだからというわけではないことが今回の減量を通してわかりました。

では低GIのメリットは結局何なのか?食べる必要はそもそもあるのか?について解説していきたいと思います。

■減量における低GI食品の最大のメリット

f:id:OHR:20190427000936p:plain

低GI食品の最大のメリットは空腹感が和らぐことです。

一般的に減量における低GIのメリットは血糖値を急上昇させないということが紹介されていますが、体重が落ちるラインの炭水化物の摂取量まで落としていればこの血糖値の急上昇を抑える低GIの効果はほんの微量だと思います。

やはり低GI食品を食べる最大のメリットは空腹感がかなりない状態で減量ができることです。オートミールなんかは特に食べた後は当分おなか空かないですよね?低GI食品の強みはほんとそこに限ると思います。

ただこの空腹感を抑えるというのは野菜を食べてしまえば抑えられるので最悪なくてもいいかなと思います。別に低GI食品を食うな!と言っているわけではないですが低GI食品じゃないとダメなんだ!という縛りのような意識を持っている人は高GIでもいいんじゃない?という選択肢を提示しているだけです。

f:id:OHR:20190427001527j:plain
高GIはぎるてぃじゃない

蕎麦に飽きれば、うどんをたべていいし、うどんに飽きれば、ごはんに変えてもいい食のレパートリーを減らさないままで減量を進めていくほうほうが窮屈感を感じないのでおススメです。

食のレパートリーを減らしてしまうとあれもたべれない、これも食べれないというストレスばかりが溜まってしまうので、後々のキレ食いに繋がりやすいです。

■低GIのデメリット

f:id:OHR:20190427001029p:plain

人によって低GIだと絞れない人がいます。

オートミールが合わない、玄米が合わない、ライ麦があわないなどです。あわない食材の判断の仕方としてはおならが臭くなる、うまく吸収されている感じがしないといったところを見ます。あわない食材をとると体調がわるくなり絞れにくくなるので、特定の低GI食品があわないと感じたらその食品はとらなくてよいです。

鈴木雅さんも玄米やさつまいもは合わないがオートミールは合うということをおっしゃっていました。このように自分に合う食材合わない食材を見つけていく作業も減量、ひいては増量でも生きてきます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?減量で低GIは鉄板!という認識をされている人はかなりいるでしょうが今回の記事を通してそういうわけでもないんだなと気づいてもらえればこの記事を書いた書いたかいがあったってもんです。もんだす。