【レビュー】マウスピースは筋トレに必要?安く手に入れる方法も

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

ハイおなっすパクチー大原です。

 

今回は筋トレをしている人の中で一回はつけたことがある。つけようか迷ったことのなるトレーニンググッズのマウスピースの必要性とちゃんとしたものをを安く手に入れる方法を紹介したいと思います。

 

「しっかりしたマウスピースは高くて買えないからやめた」、「マウスピースって結局どうなのよ?」という人はみてみるとよいでしょう!

 

それでは早速マウスピースをつける二つのメリットについて紹介したいと思います。

 

■マウスピースのメリット

f:id:OHR:20190426004849j:plain

 

・力が出やすくなる

マウスピースのメリットとして最初に紹介されるのが筋出力が上がる、力が出やすくなるということです。研究論文では「マウスピースをつけるとこういう結果が」でたみたいな感じで雑誌や専門誌などで紹介されています。

 

が、個人的な感覚としては力が出やすくなるという感覚は全くなかったです。研究論文ではそういう結果が出ていたとしても自分ではそういう結果が出るのかどうなのかがわからないのが難しいところです。

 

そしてこのメリットよりも次に紹介するメリットがあるからこそマウスピースをつけたほうがよいと感じています。それは

 

 

・歯の消耗を防ぐ

 

f:id:OHR:20190426004733j:plain
出典:https://www.sports-idai.com/entry/2018/03/15/201405

ことです。ウエイトトレーニング中に歯を食いしばる私としてはそこそこの頻度で歯がこすれあっている音がしており、歯へのダメージはかなり来ているはずです。

 

「ギッ」とか「ゴっ」とか「オゴゴっ」って音をよく聞きます。

 

有名な話ではホームランバッターの王貞治さんの奥歯は毎回のスイングで奥歯がこすれ、現役の晩年には奥歯がかなりボロボロな状態になっていたそうなのです。

 

「は?10年20年後の先のことなんか考えたくねぇよ」という人がいるとは思いますが野球の現役は30‐40代で終わってしまうかもしれませんが、筋トレ人生は生きていれば50‐60代それ以上まで続くのです。途中で歯が悪くなったから大好きな筋トレをできなくなったなんてことにはしたくないじゃないですか。

 

大好きな筋トレ、ずっと続けたいじゃないですかぁ!

ということでね、筋トレ中に歯を食いしばっているとか歯がこすれてる感覚があるよ~って人はマウスピースをつけることをおススメします。

 

■マウスピースを安く手に入れる方法

f:id:OHR:20190426004414j:plain

さて、肝心のマウスピースを安く手に入れる方法なんですが基本的に保険適用でちゃんとしたものを手に入れられる方法があるのです。5千円くらいで。

 

まずは歯医者に行くんですけど歯医者の受付のお姉さんに「今日はどうされました~?」と聞かれるので「夜歯ぎしりするようになって(or歯を食いしばる癖があって)顎が痛いからマウスピースを作りたい」といえば保険適用でちゃんとしたやつを作ってもらえるんですよ。

 

え?俺は顎が痛くないけど大丈夫なのかって?思い出してみ?ちょっと痛いときあるよね?そうそう、顎いたーいアゴいたーーい。ほら?痛くなってきたでしょ?そう、それだったらちゃんと保険適用でマウスピースを作ってもらえるよ。おわり。

 

歯医者で作ってもらえるマウスピースは透明です。おシャンティシャンテイなマウスピースが作りたい人は別ですが実用性だけを求めるなら十分これだけで機能してくれます。

 

というわけでマウスピースを作るなら歯医者に行って作ることをおススメします。

 

■まとめ

f:id:OHR:20190426005226j:plain
出典:https://jp.pinterest.com/chadwickforrist/strength/

 

いかがでしたでしょうか?力の発揮には個人差があると思いますが、歯の消耗(摩耗)を防げることは確かなのでこの先の筋トレ生活のことも考えてつけることをおススメします。

 

つけたほうがいいのは歯を食いしばっているとかこすれあっているという自覚のある人だけでいいのでそうでもない人はそのままでよいと思います。

 

はい、というわけで今回は以上で終わります。さいなら~