全卵6個のバルク茶碗蒸し

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

f:id:OHR:20190418132628j:image

はい、おなっすパクチー大原です。

食べてますか?卵。

 

スクランブルエッグや目玉焼きはもう飽きたでしょう。

 

今回はそんな卵料理に飽きた私がここ最近、毎朝食べている簡単バルク卵茶碗蒸しをご紹介したいと思います。

 

茶碗蒸し?難易度高いよって?

まぁ最後まで見てなって

 

■材料

f:id:OHR:20190418133806j:image

 

材料はたまご、白だし、水

 

これだけ。これだけで茶碗蒸しが作れるんだ。

 

えっ?白だしがないって?ワーオマジかよ!ダッシュで買ってこい!

 

塩とこしょう、ケチャップ味しか知らんおまんらは日本のウマ味を知るといい。

 

■調理方法

f:id:OHR:20190418132628j:image

まずは卵を深めの容器に入れてかき混ぜよう。なるべく白身の塊が残らないよう細く丁寧に。

 

そしてそこに卵の体積の1/3の量の水、少々の白だしを加える。

 

え?白だしの正確な量を教えろって?

知るか。

 

f:id:OHR:20190418133859j:image

水と白だしを加えるとこんな感じの薄黄色になる。ここにサランラップを張ってレンチンしていく。

 

俺が作っている全卵6個の分量だと600ワットで4分30秒がちょうどいい。

f:id:OHR:20190418224801j:image

加熱の下限のベストとしてはちょうど卵が固まった瞬間を狙うのがベスト!そうするとプリンのようなプリプリの状態になる。もちろんもう少し加熱しても十分美味しく食べられる。

 

■完成

f:id:OHR:20190418230256j:image

 

これはちょいと加熱しすぎちった。けどうまい。寝起きの朝には優しい白だしの味がしみる。

 

卵をかき混ぜる時間と、4分ちょっとあればすぐにできるのでみんなもバルク卵茶碗蒸しを作ってみて!