乾燥で喉が痛い??加湿機で対策すべし。

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

f:id:OHR:20181016074510j:image

 

おなーす、パクチー大原です。

 

以前紹介した体調管理対策(体調管理の禁忌 – パクチー大原)以外にも

冬限定で対策しておいた方が良いことがあります。

 

それは乾燥対策です。

 

私は冬は暖房をつけっぱなしにするのでただでさえ低い湿度がさらに低くなり、空気はかなり乾燥してしまいます。尚且つ鼻がつまりがちになり、口呼吸になる機会が多くなります。

 

この状態で何も乾燥対策をしていないと

確実に喉を痛めてしまいます。

 

 

 

 

喉を痛めてしまうと

・そのまま風邪に発展する可能性が高くなる

・喉の痛みがストレスになる

・タンが絡むようになりストレスなる

 

ため絶対に室内を乾燥させたくありません。

 

 

 

 

ここで暖房を消してしまっても体を冷やしてしまうため暖房を使わないのは得策ではありません。

 

 

というわけで私は加湿器を

高校生の頃から使うようにしています。

 

以前は立派な2-3万するようなものを使っていましたが、

 

乾燥対策にはそこまでのものは必要なく2-3千円で買えるようなものでも十分に役立ちます。

 


Homwarm アロマディフューザー 超音波式 大容量 400ML アロマ加湿器 卓上加湿器 木目調 【日本語取り扱い説明書付き】 (ブラウン)

 

今紹介している商品は

加湿機能があるだけでなく

専用のアロマエッセンスを購入すれば

アロマセラピーができるというもの。

f:id:OHR:20181015112731j:image

(アロマエッセンス)

 

アロマセラピーは副交感神経を優位にして

リラックス効果があるので

 

夜寝る前になかなか寝付けないというかひとは

 

以前紹介したメラトニン対策をするとともに(【睡眠改善】圧倒的に効果を感じるメラトニン – パクチー大原

 

アロマセラピーを行う事でかなり睡眠の質が上がります。

 

日本ボディビルチャンピオンである

鈴木雅さんのセミナーに参加した際に

鈴木雅さんもアロマセラピーにハマっている

と言ってたのでやってみる価値はあります!

 

 

風邪をひかないようにとか、喉を痛めないようにという常に良い体の状態を作ることに対してサプリメントを用いる以外の対策をしている人はなかなか少ないですが(2年くらい前まで私もそうだった)

 

サプリメントサプリメントで効果はありますが、体調を崩さないようにするための守備範囲が限られてくるため、

 

サプリメントでは補えない守備範囲を、今回の加湿器を使った乾燥対策や、睡眠、体を冷やさないことに気を使うことで

 

より高い確率、長い期間

レーニングで100パーセント以上の力が

出せる体の状態を作ることができます。

 

体調管理の大切さについては

武井壮さんも発言されているので

その動画もみるとかなりしっくり来ると思います。

 

武井壮 感動の名言 – YouTube

 

動画で言っているように温度湿度体温を毎日はかれとまでは言いませんが、少しずつ自分のできるところから

 

常に自己ベストが更新出来るような体調管理対策をしていくと、伸び悩みがなくなり、常に自己ベストが出せる、トレーニングが楽しい状態になっていきます。

 

少しの差で大きな結果に繋がるので

体調管理対策を空気の加湿から始めて

みてはいかがでしょうか?

 

 


Homwarm アロマディフューザー 超音波式 大容量 400ML アロマ加湿器 卓上加湿器 木目調 【日本語取り扱い説明書付き】 (ブラウン)

 


NAGOMI AROMA エッセンシャルオイル お試しセット【AEAJ表示基準適合認定精油】 (リラックス)