【睡眠改善】圧倒的に効果を感じるメラトニン

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

f:id:OHR:20180929014451j:image

はい、おなっす。福岡市中央区でパーソナルトレーナーをしているパクチー大原です。

みなさん眠れない時はどうやって

眠れるようにしていますか?

アロマ、ストレッチ、温浴、就寝前のブルーライトカット、トリプトファンの摂取、、、

色々な方法がありますが、個人的に眠れない時、睡眠の質を改善したい時はメラトニンを意識するようにしています。

メラトニンとは

メラトニンとは脳の松果体

という所から分泌されるホルモン。

メラトニンの作用としては脈拍、体温、血圧を低下させる事で体に睡眠の準備ができたと認識させる事。

メラトニンを自然に分泌させるには朝日を毎日浴びる事、就寝時間にブルーライトに当たる時間を少しずつ減らしていく事でメラトニンを分泌する時間や量が正しく調整される。

具体的にはメラトニンは日中の時間は分泌量が少なくなり、夜間暗くなるにつれて分泌量が増え体に睡眠の準備をさせます。

メラトニンが自然に分泌されず寝付けない場合は夜中まで携帯やTVを見る事でブルーライトにあたり続けている事、過酷なダイエットをしている時で、なかなか眠りにつくことができなかったり、睡眠の質が浅くなります。

睡眠の質を高める方法

メラトニンに焦点をあてた睡眠の質を高める方法は2つあります。

1つ目メラトニンの自然分泌を妨げないこと。

つまり、寝る3時間くらい前からは部屋の照明を少し暗くしたり、TVや携帯を見る事をやめブルーライトに当たらないようにする事でメラトニンの自然分泌を促します。

これが無理な場合は(私は無理)、ブルーライトカットメガネをつける事で、携帯やTVを寝る直前まで見ていてもブルーライトによるメラトニンの分泌減少を防ぐことができます。

Amazonでは2000円程でブルーライトカットメガネが売っているのでおススメです。前回の記事とかで私がつけていたメガネもブルーライトカット仕様になっています。


WEEGU ブルーライトカット メガネ pc メガネ ブルーライト メガネ

2つ目はサプリメントとしてメラトニンを摂取することです。個人的にはこの方法が一番睡眠の質が高まる実感があります。

f:id:OHR:20180929010858j:image

というのも定期的に摂っていたメラトニンを切らしてからは眠りの質が一気に低下し、寝つきにくかったり、途中で目を覚ましてしまったりする日が続いているからです。

また、過酷な減量をしている時はほとんど眠れずとりあえずベッドの上で横になって朝を待つくらい睡眠の質が低下しますが、メラトニンを取ることでしっかりと眠る事ができます。

個人的にはカフェイン同様、効果を感じやすいサプリメントだと思っています。なおかつメラトニンを取ることによる副作用もなく、逆に抗酸化作用があるメリットがあるのでもはや取らない理由は無いです。値段も安い。

f:id:OHR:20180929015625p:image

(メガネ同様、とりあえず画像だけ貼っておく、紹介コードLCZ955を入力すると5%オフになります)

睡眠と筋トレの関係

睡眠質とかどうでもええやんけ!ワイはトレーニング前にカフェインぶち込んでフォーってなる方がええんや!そやろ?いうてみ?気持ちええで?ふぉぉ、フォーぉぉおおおおお。。。

という意見もあると思います。

しかしながら睡眠の質を高めるメリットととしてはやはり体の回復を促すことでしょう。

カフェインをとって発揮できる力をプラス5%にしても、カフェインを取る前の体の状態が80%だとトータルで発揮できる力は85%にしかなりません。

睡眠の質を高めるためにメラトニンを取るイメージとしては、発揮できる力をプラスにするのではなくトレーニング前の素の体の状態を100に近づけるために取るべきサプリメントです。

ですのでメラトニンを取り睡眠の質を高めることは直接トレーニングの質にも影響してくるのです。

レーニングの質をさらに高めていきたい人は睡眠を含む体の回復にも目を向けてみてはいかがでしょうか。