腰痛の原因【梨状筋】

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

f:id:OHR:20180920212144j:image

はい、おなっす。福岡市中央区でパーソナルトレーナーをしているパクチー大原です。

あなたの腰痛は

梨状筋(りじょうきん)

が凝り固まっているせいかも。

坐骨神経痛はまさに梨状筋が

原因の腰痛で、筋トレをしている人の

大半はこの腰痛になりやすいです。

ですので梨状筋は定期的に

ほぐしておくことをオススメします!

梨状筋(りじょうきん)とは

f:id:OHR:20180920015835j:image

梨状筋とは股関節を外旋させる筋肉。

f:id:OHR:20180920102421j:image
f:id:OHR:20180920102408j:image

↑左が股関節が内旋、

右が外旋している状態。

つま先が内に向いてるか(内旋)

外に向いているか(外旋)の違いだと

考えてもらって大丈夫です。

梨状筋か凝り固まり梨状筋の下(深部)にある

坐骨神経が圧迫されることで、

腰痛を引き起こします。

この腰痛を引き起こさないためには、

梨状筋を定期的にほぐしておくことが必要です

梨状筋のほぐし方

梨状筋は股関節を内旋させると

ストレッチされます。

動画のストレッチを15秒ずつ行います。

私の場合は右の梨状筋が左よりも硬いので右だけは倍の時間をかけて伸ばしています。

腰痛で腰や下半身にかけて痛みや、ビリビリとした感覚がある場合には、このストレッチをすると症状が改善されることが多いです。

梨状筋がほぐれると

他にもいいことが起こる

梨状筋をほぐすメリットは

腰痛の予防以外にも2つあります。

メリット①梨状筋は、股関節を外旋させる(脚の付け根を動かす)筋肉であるため、

梨状筋がほぐれてよく動くようになると、脚の付け根もしっかりと動かせるようになります。

脚の付け根からカットが出ないという人は梨状筋をほぐしてあげると良いでしょう。

メリット②前傾姿勢が取れるようになる。

梨状筋が硬いままだと

背筋をまっすぐにしたまま前傾姿勢が取れず、

前傾姿勢を取ろうと

すると背中が曲がってしまいます。

スティッフドデッドリフトやベントオーバーローをするときに前傾姿勢で腰を痛めないようにするには梨状筋の柔らかさも重要になります。

まとめ

梨状筋をほぐす事によって

①腰痛(坐骨神経痛)の予防になる

②脚の付け根からカットが出せるようになる

③腰を丸めずに前傾姿勢がとれるようになる

以上3つのメリットがあるので、意識してほぐしていくようにしましょう!