ブレない考えを持つ。

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

 

f:id:OHR:20180920012052j:image

 

対立する意見

 

事例1

A「ヒップスラストはお尻のトレーニングには不要だ!意味ねぇ!」

 

B「いやいや、ヒップスラストはお尻を鍛えるために最高のトレーニングだ!客にだけじゃなくトレーナーの俺自身もやってるし!」

 

 

事例2

A’「HMBは効くねぇ、あの有名人も使ってるしHMB意味ないってやつが分からない」

 

A’「HMBはとってもなんかよくわからないし、あいつらなんで取ってるの?」

 

 

事例1、事例2で出てきたような、1つの物事に対してそれぞれ対立する意見が出て来た時あなたはどう対応していますか?

 

信頼できる人の意見を聞く?

それとも多数派の意見を聞く?

 

今回紹介した事例だけじゃなくても、他にも対立するトレーニングやサプリメント、栄養に関することなど、対立するいろんな意見が出てきて

 

何を信じたらいいのかわからない状況ってないですか?

 

何を信じたら、

何を軸にして、

判断したらよいのでしょう。

 

 

 

軸にすべきもの

 

対立する意見が出てきて

どちらを選んだら良いのかわからない時の

判断材料はいたってシンプル。

 

①「まずは両方の意見を

それぞれ取り入れてみましょう」

HMBは効く派と効かない派の意見が

あった時はまずはHMBを1ヶ月ほど

摂取し続けてみます。

 

②「次に自分の感覚として良かったのか悪かったのか、わからないのかで取り入れるべきかそうでないかを判断します」

体感としてHMBの効果を感じられたのなら取り入れるようにする、全く効果を感じないのであれば摂取をやめる

 

 

たったこれだけです。

人によって効果を感じるものもあれば感じないものもあります。

 

ですので「有名人の誰々が良いって言ったからこれは絶対に良いはずだ」という思い込みは捨て、自分の体感として良いと感じるかどうかで判断しましょう。

 

人の意見ではなく、自分の意見を持つようにすると再び対立する意見が出てきてもブレずにすみます。

 

自分が「良い」と思ったものはなんと言われても譲らない。確固たる軸を持ちましょう。