【効かせるための一手間】股関節の動きを良くするには

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

f:id:OHR:20180919203224j:image

スクワットでしゃがめない

 

しゃがむと脚の付け根に詰まりを感じる

 

股関節をうまく動かせない

 

ベントオーバーローで前傾姿勢が取れない

 

と言った方はその原因の1つとして股関節を動かす筋肉が硬いかもしれません。

 

ですので股関節周りは頻繁にほぐすようにしましょう。

 

 

股関節の筋肉のほぐし方

 

基本的にストレッチを行うことで筋肉をほぐして行きます。

 

ストレッチを行う時間は全て15秒、

 

左右それぞれ筋肉の硬さに違いがある場合があるので硬い部分は15秒より長くストレッチさせます。

 

 

なので股関節をほぐす時は脚の前、後、右、左の4方向をほぐすようにしましょう。

 

以下のより紹介するストレッチは全て15秒間伸ばすようにしましょう。

 

毎回同じ時間にする、寝る前にする、トレーニングがオフの時にするといったようにルーティン化するとサボらずに続けられます。

 

 

 

股関節全面

大腿直筋、腸腰筋

f:id:OHR:20180919004727j:image

f:id:OHR:20180919004741j:image

f:id:OHR:20180919004755j:image

 

ほぐす方の足を後らは伸ばし、反対の足は前へ出す。上半身はしっかりと伸ばしたまま、腰を前に突き出していくとストレッチされる。

 

上半身のバリエーションによって伸ばす部分を変える。バリエーションは3つ。

 

1つめは、

正面をむいてそのままストレッチ。

 

2つめは

伸ばした脚と反対の方向に上半身を傾ける。

 

3つめは

伸ばしている脚とは反対方向に体を捻る。

 

 

股関節内側

内転筋群

f:id:OHR:20180918174404j:image

 

ほぐす方の膝を伸ばして重心は反対側にかけながら太ももの内側をストレッチする。

 

 

股関節後側&外側

 

上の動画では大臀筋と中臀筋のほぐしたを紹介しています。

 

下の写真はハムストリングをほぐすストレスで少し高めの台に片足をのせ、そのまま上半身を倒すとハムストリングが伸びます。

 

f:id:OHR:20180919003251j:image

 

ほぐれる部位

臀筋群、ハムストリング

 

 

まとめ

 

うまく股関節を使えるようにするには

・股関節を動かす筋肉をストレッチする

・ストレッチはそれぞれ15秒間する

・時々ではなく継続して行うようにする

と良いでしょう。

 

このめんどくさい事の積み重ねが

大きな違いを生み出します。