パーソナルトレーナーに資格はいらない~使える資格の話~

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

はい、おなっすパクチー大原です。

今回はパーソナルトレーナーと資格の関係に

ついて解説してきたいと思います。

私自身はNSCA-cptという資格を取得してパーソナルトレーニングを

行っていたのでその経験を通して

パーソナルトレーナーになるうえでどの資格を取ろうか

資格をとるとどのようなメリットがあるのか

という疑問に答えていきたいと思います。

資格がなくてもできる

題名にもある通りですがパーソナルトレーナーは資格が

なくても指導をすることができます。

医療従事者のように資格がなければできない

ということではないんです。

しかしながら、パーソナルトレーニングをするうえでは

相手に怪我をさせてしまい損害賠償を請求されてしまう

可能性もあるので、資格がなくても

トレーナー用の保険には入っていたほうが良いのです。

じゃあ誰でも保険に入っておいて資格を

とっておけばいいというわけではなく

資格がなくてもトレーナーとして活動しやすいのは

  • 大会の成績や己の体という実績がある場合
  • 所属しているジムが資格がなくてもよい場合
  • 公共の施設でパーソナルトレーニングをする場合

に限られています。

資格というのは一つの実績ですので

トレーナーになりたてで

自分の体や大会の成績で実績を証明できるものが

ない場合は資格を取っておいたほうがよいです。

他にもトレーナーの資格を持っておいたほうが

良かった場面はいくつかあります。

採用面接と資格

資格があってよかったなと思ったのは

採用面接の時です。私の場合は

駆け出しのパーソナルトレーナーでありながら

フリーランスとしてエニタイムといった

他のジムに業務提携の申し込みをしていたのですが、

そのジムとの面接の際に資格があることで

ある程度しっかりとしたトレーナーであることが

証明できたと思っています。

やはりジム側は雇うからにはしっかりとしたトレーナーを

採用したいと思っているため、トレーナーとしての実績が

ない人にとっては資格が自分のトレーナーとしての

質を保証する証明書代わりになります。

この傾向はティップネスやコナミといった

大手のスポーツ施設だと顕著でトレーナーの採用要項には

○○の資格と○○の資格といった指定付きで資格を持っていないと

そこで働かせてもらえないことがあります。

なので、この公共施設とか知り合いのジムで働き続ける

みたいなこだわりがない人は

働く場所の選択肢を増やすうえでトレーナーの資格は

持っておいたほうがよいでしょう。

資格と給料

場所によっては資格と給料が直結する場所もあるようです。

あるパーソナルトレーニングジムでは資格がランク付けされ

そのランクの高い資格を取ればもらえる給料も

若干増えるというシステムを採用しているそうです。

あまりこのようなことは効かないのですが、

参考までに知っておくとよいでしょう。

ちなみに資格のランク付けなど全く関係のない場所で

私はフリーランスのトレーナーとして

自分で広告を作ったりして集客をしていましたが

トレーナーの資格おかげでお客さんが来るように

なったというのは全くありませんでした。

フリーランスでお客さんがたくさんつくかどうかは

営業力がなければいけないようです。

というのも資格のグレードを見分けられるお客さんは

基本的にいないのでNSCA-CPTというそこそこ

いい資格を持っていたとしても、お客さんにとっては

なんのこっちゃわからないのです。

なので自分がいいトレーナーかどうかを

お客さんにしっかりと伝えるには資格ではなく

自分のトークや文章でそれを証明するしかありません。

資格というよりも営業力が給料に直結します。

どの資格を取ればよいのか

資格の効用についていろいろと話してきましたが

実際にどの資格を取ればよいのか気になると思います。

資格の種類や説明については別の人が書いた記事にいろいろと

書いてあるので省き、これとっておけばいいんじゃね?

という資格を紹介しますそれは、NESTAです。

この理由としては知名度と更新期間までの長さです。

最初にジムと契約する際は知名度のある

資格を持っておいたほうが働き先の

選択肢が増えるためNESTAを選びました。

NESTAやJATI、NACAという民間の資格団体は

金儲け団体なので更新する際に維持費2万円ほど

かかりますが、その中でもNESTAは更新までの期間が

4年間と長いためそれまでにトレーナーとしてのキャリアを

築いておけば資格の更新をせず、資格なしの状態でも

ジムで働くことが可能になってきます。

資格なしとは言わずともNESTAのあとは

NASMという更新料のかからないニッチな資格を

とっておく方法でもよいと思います。

とりあえず実績のないトレーナー駆け出しのころは

なるべく働き先の選択肢を増やしたいため

知名度があり更新までの期間も長いNESTAを紹介しました。

(NESTAは四年、NSCAは三年で更新)

というわけで今回は資格のメリットとどの資格を

とればよいのかについて紹介しました。

というわけで、ばいら~