これをやるとダイエット中の食事で満足感を得られない!

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

はい、おなっす

福岡市中央区でパーソナルトレーナーをしているパクチー大原です。

皆さんはダイエット中の食事に満足できずに、

追加で何かを食べてしまった経験はありませんか?

今回の記事ではダイエット中の食事でもなるべく満足できる食事と、

満足できなくなる食事をご紹介したいと思います。

ダイエット中はなるべくストレスなく継続することが大事なので、

この記事を読むことでダイエット継続のためのコツを

つかむことができるので最後までご覧ください。

ダイエットで満足感を得られなくなる食事

満足感を得られなくなる食事とは何だと思いますか?

満足感を得られない食事は

体積や量の割りにカロリーが高いもの、すぐに食べられてしまうものです。

例えばクッキーや和菓子といったお菓子、

牛丼や親子丼のようなどんぶりはダイエット中は避けたほうが良いです。

あとはおいしくないものです。ダイエット中だからといって

鶏の胸肉を茹でただけのような食事は避けるべきですね。

満足感を得られなくなる理由

紹介した食事だと満足できなくなるのは以下の理由からです。

■血糖値が上がる前に食事を終えてしまう

血糖値が上がると人間は満腹感を感じます。

血糖値が上がるまでには時間がかかるため

血糖値が上がる前に食事を終えてしまうと

感が得られていない状態のままになってしまいます。

そのため早く食べられてしまうものは避けたほうが良いのです。

■早く食べるとレプチンが増えない

早く食べるデメリットはもう一つあり

満腹感を感じさせるレプチンの分泌量が少なくなるのです。

睡眠時間が短くてもレプチンの分泌量は減りますが、

短時間の食事でも満腹を感じさせてくれる

レプチンが分泌されなくなります。

■胃の体積を埋められない

血糖値があがる以外に胃の体積を埋めることでも満足感を感じることができます。

同じカロリーで量が多いと単純にお腹が膨れますよね。

■精神的満足感が得られない

量があって、時間をかけて食べられるもので

も満足感を得られなくなることがあります。

それはおいしくないものを食べた時です。

不味い料理屋でご飯を食べたとしても不満で食べた気になれませんよね。

それと同じで不味いダイエット食は追加で何かを食べたくしてしまいます。

ですのでなるべくおいしいものを食べるべきです。

おススメの食事を以下より紹介していきます。

ダイエットでも満足感を得られるおススメの食事

■低能茶碗蒸し

おススメするのはこちらの低能茶碗蒸しです。

早くレシピを見たい方は↓のツイートを参考にしてください。

低能茶碗蒸しのメリットは5つ

・アツアツで食べるのに時間がかかる。

・カロリーの割りに量が多い

・ウマイ

ご飯を入れると雑炊みたいになる

・ウマイ

Twitterでレビューを見ると結構人気なので参考にしてみて

まとめ

ダイエット中でも満足感を得るためには

カロリーのわりに量があって、食べるのに時間がかかって、うまいものを食べるようにしましょう!

というわけで、オロッス!