【脱・停滞期】ダイエットでの体重の減り方

この記事を書いた人

プロフィール写真

おおはらゆういち(パクチー大原)

1994年福岡県生まれ。「筋トレ仲間が欲しい」と思い、早稲田大学に入学。早稲田大学のボディビルコンテストで優勝し2016年度ミスター早稲田となる。卒業後は不動産の営業→フリーランスのトレーナーになる。現在は島根県の山奥で【筋トレ村】を作りつつセミリタイア生活を送っている。

はい、おなっすパクチー大原です。

皆さんはダイエットに挑戦した際に食べるものを減らしているはずなのに体重が増えていたりしてイライラしたことはありませんか?

「なんで一気に減らねぇんだよ!」って。

今回の記事ではダイエットを行う際に体重がどのように減っていくのか、そして体重が一時的に増える理由、

体重が増えていた時はどのように対処していけば良いのかという点を解説していきます。

焦らずダイエットをやるうえでは超重要な内容なので最後までご覧ください。

体重は直線的に減らない 

まずダイエットをする上で知っておいて欲しいのが体重が直線的に減ることはないということです。

例えば90日間で体重80kgから70kgになる場合は毎日0.33kgずつ減るわけではなく、

1.2日目は0.3kgずつ減って、3日目は昨日と同じ体重で、四日目は昨日より体重が0.6kg増えていて、5日目は1kg減っているというようなジグザクに体重が減っていくのです。

ダイエットに慣れていないと「なぜカロリーを減らしているのに体重が減っているんだ」と不安に思い、同じ食事を我慢して続けていれば体重が減っていたのに、食事をさらに減らしてしまいます。

食事を減らすと確かに体重は減るのですが、これを繰り返すと

「これ以上カロリーを減らすと生活に支障が出る、でも体重は停滞している。どうしよう。」

という状況に陥ってしまいます。

体重の減り方が直線的ではない理由

体重がジグザクに減っていく理由としては

昨日食べた食材の重さや水分量が違ったり、塩分や疲れでむくんでしまっていたりするためです。

ですが、食べている量を減らしている(摂取カロリーよりも消費カロリーが多い)のであれば

体脂肪は確実に減っています。

その体脂肪が減った事実が体重に合われるまで待つことが大切なのです。

一週間単位で体重の増減を判断する

体重は一日や3-4日スパンでは増えたり減ったりしていて

ダイエットが成功しているのかわかりにくいので

7日前の体重よりも減っていればダイエットは成功していると判断しましょう。

7日間が経過していないのに体重が減っていないからといって

食べる量を減らしてしまうのは失敗に繋がるためやめたほうが良いです。

必ず一週間の期間を設けて判断しましょう。

お客さんの体重の減り方

実際に言葉で説明してもピンとこない人もいるはずなので

私がダイエット指導をしていたお客さんの体重の推移を見てみましょう。

S・Rさんは三か月で体重が84kg→74.3kgに変わっているのですが

グラフはどのようになっているのでしょうか?

かなりジグザクになりながら体重が減っているのが分かるはずです。

一か月スパンで見るとより増減を繰り返しながら体重が下がっています。

下の写真は一か月スパンで見たものです。

このように体重が大きく増えたり減ったりするため

大半の人は一週間待ち切ることができずに

摂取カロリーを減らしてしまいます。

ですが、一週間同じ摂取カロリーを維持したり

停滞した時は逆にカロリーを増やしたりすることで画像のように

徐々に体重を減らしていくことができます。

何度も言いますが、

停滞しても最低体重を記録した日を基点にして一週間待つことが大切になってきます。

一週間待っても体重が変わらないのであれば食事量をさらに減らす、

食事量を逆に増やす、運動量を増やすのどれかを選択する必要があります。

とにかく、一日の体重の増減に一喜一憂せずにどっしり構えて待つことが大切です。

体重の減り方は客観的に見てもらったほうがいい

とはいえ自分が実際にダイエットをしていて体重が乱高下していた場合は焦ってしまいます。

これは私が実際にダイエットをしていた時の動画なのですが、

タイムリミットが迫っていることもあり焦りに焦りました。

焦った結果やるべきではないダイエット法にも手を出してさらに

失敗する道を歩んでしまったので、できれば誰かにサポートしてもらい

ながらダイエットをすると心が乱れずに済みます。

この時の私も最終的に佐藤茂男さんというボディビルダーの方に

ダイエット指導をしてもらいながらなんとか目標体重まで落とすことができました。

人に指導するのと自分が実際にやるのとではかなり変わってきますね。

まとめ

今回伝えたかったのは最低体重を記録した日を基点として

一週間経過していないのであれば

体重が増えていても辛抱強く待ったほうがいいよということです。

焦らず待つ。焦らない人間が恋もダイエットも制します。

最後にグラフのような体重の推移をしたお客さんのbefore・afterを乗っけておきます。

三か月で84→74.4kg
このままだとスーツを買い替えなければいけなくなる
との理由でダイエット終了。

というわけで、ダイエットがんばっちくり~